肥満の防止のために|中性脂肪の効果とは|健康は歩いてこない!

中性脂肪の効果とは|健康は歩いてこない!

婦人

肥満の防止のために

微笑む女の人

脂質の酸化を防止

肥満の原因は、脂質が体内に多くたまることにあります。しかし脂質は基本的には、細胞膜の構成物質となる、体にとって必要な栄養分です。したがって、ダイエットのために脂質の摂取を控えることは、細胞にとってはダメージになると言えます。ところが、摂取した脂質の全てが体内にたまるわけではありません。正確には、活性酸素によって酸化させられ、細胞膜の材料として使われにくい状態になった脂質が、体内に蓄積していくのです。つまりダイエットのためには、脂質の酸化の防止が大事ということです。そしてそのために多くの人が、水素水を飲んでいます。水素水には活性酸素を無害化し、体外に排出させる効果があります。そのため飲むことで、脂質が細胞膜の材料としてスムーズに使われるようになり、その結果肥満が防がれやすくなるのです。

生活習慣病の予防

食事の量を少なくするというダイエットの場合、空腹感によるストレスが生じがちです。しかし水素水を飲むというダイエット方法なら、食事の量を減らす必要はありません。もちろん過剰に食べることは問題ですが、適量なら食べることができます。そのため空腹感に負けることなくダイエットを続けることができますし、その継続性から効果も出やすくなるのです。また、水素水には動脈硬化や高血圧といった生活習慣病を防止する効果もあります。これらの原因は、酸化した脂質が血管にこびりついて、血流が悪くなることにあります。しかし、水素水によって脂質の酸化を防いでいれば、血管も血流も良い状態を維持できるようになります。そのため水素水は、ダイエットだけでなく生活習慣病の予防にも役立てられています。